やんまの目安箱

やんまの目安箱

ドラマ(特撮)、アニメ等の話を中心に色んなことをだらだらと、独り言程度の気持ちで書きます。自分のための備忘録的なものなのですが、読みたい方はどうぞ、というスタンス。執筆時に世に出ている様々な情報(つまり僕が知り得るもの)は特に断りなしに書くので、すべてのものに対してネタバレ注意。記事にある情報、主張等はすべて執筆時(投稿時とは限らない)のものであり、変わっている可能性があります。

仮面ライダー

仮面ライダーディケイド暫定的まとめ

ディケイドに関するツイートやメモのまとめです。きちんとした記事を書くまでは時間がかかると思われるので置いときます。 クロスオーバーってそんな大袈裟に言うもんじゃなくて、要するに結局のところは"他者との関わり方"の話なんだよな。世界観の違いは、…

仮面ライダーゼロワン 第7話「ワタシは熱血ヒューマギア先生!」 感想

キャラクター 飛電或人・「熱血教師なの!?」1話でも「人工知能に人間のお笑いは理解できないでしょ」とか言ってたけど、彼はヒューマギアに肯定的な立場を取っているはずなのに、たまに視聴者の目線に立った言動をするよね。僕は別に矛盾しているとまでは…

仮面ライダーゼロワン 第6話「アナタの声が聞きたい」 感想

キャラクター 飛電或人・「俺のプログライズキー!」良いかどうかは別として、犠牲になった幾人かのよく知らんヒューマギアよりも、"自分"という線の内側にある(言い換えれば所有物である)プログライズキーを優先するのは、或人の人間性としてはこれまで描か…

仮面ライダーゼロワン 第5話「カレの情熱まんが道」 感想

キャラクター 飛電或人・「変な顔になっちゃった……」"倫理"を重視するならば、無視しては通れないセリフ。ルッキズムなんて風に言うとまた大仰な話になってきて僕も文脈を把握できていないのでやめておくけど(といいつつ消しはしない)、まぁ要するに容姿に対…

仮面ライダーゼロワン 第4話「バスガイドは見た! アンナ真実」 感想

キャラクター 飛電或人・今回のゲストである桜井郷くんがそれだけ責められてたなら、社長たる是之助の孫なんてもっと言われてそうなもんだけど、そんな素振りは全く見えなかったね。あくまでデイブレイクが工場側のミスということになってるにしたって、郷の…

A Clockwork Organ『時計じかけのオレンジ』 感想

小説かなんかでタイトルだけ読んだことがあっていずれ見ようと思っていた本作『時計じかけのオレンジ』。なんと近くの図書館で貸し出していた。これはメディア良化委員会があったら真っ先になくなってしまうタイプの作品だよな……なくてよかった。という話か…

仮面ライダーゼロワン 第3話「ソノ男、寿司職人」 感想

キャラクター 飛電或人・前回「腹筋崩壊太郎は気にしないのか」という話をしたが、それ以前に更にモブの名前もないヒューマギアがたくさんいるのを忘れていた。僕自身がその存在と死(?)を忘れておきながら或人を責めるのは変な話だよな。・唯阿「例え壊して…

仮面ライダーゼロワン 第2話「AIなアイツは敵?味方?」 感想

キャラクター 飛電或人・イズ「ただし、A.I.M.S. に正体がバレないようお願いします」仮面ライダーがやたらと正体隠したがるのはなんでなんだろうな。怪人みたいに何やってもパッと見で怖いような見た目なら分からんでもないが、基本カッコいいじゃん。一応…

仮面ライダーゼロワン 第1話「オレが社長で仮面ライダー」 感想

キャラクター 飛電或人・寝坊……ということは、祖父の告別式とやらにも行ってないことになるのか。まぁ僕もじいちゃんが死んだとき悲しさというのが湧いてこなくて驚いたのでそれについてとやかく言うようなつもりはない。僕と同じく関わりが薄かったんだろう…

仮面ライダージオウ EP38「2019:カブトにえらばれしもの」 感想

キャラクター 常磐ソウゴ・同時変身というのが今回のウリだったはずで、それが一体何を意味するのかというのをずっと考えていたのだが、やはりカブト編ということもあって「共立ち」とするのが一番収まりが良いだろうか。例え対立しても、同じ仮面ライダーと…

玉座を空ける『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』 感想

※ネタバレには配慮しません。 観ました。『平成ジェネレーションズFOREVER』のときと、ほぼほぼ同じ感想を抱いた。「だよね、分かる」と。抽象的なことは概ね過去記事(大自然がつかわした戦士『漫画 仮面ライダー』 感想)に書いてあるので、今回は映画にして…

令和仮面ライダーゼロワン 制作発表記者会見 感想

ついに発表されましたね、ゼロワン。僕はネタバレを見ちゃってますが、ここで綴るのは既に公表された情報に限り、その他の部分に関しては触れない、或いは知らないふりをするつもりです。その上で、僕のとぼけ術を信用できずはっきりとは書かれていない何か…

仮面ライダージオウ EP37「2006:ネクスト・レベル・カブト」 感想

キャラクター 常磐ソウゴ・「俺、生まれてないから……」ここすげぇ好き。詳しくは下で。・「こうなる気はしてたんだよね」「少しは人を信じなくちゃ」とか言った直後にこれだよ。でもそこが好き。今の僕ならエグゼイドだって(魔王の肥やしとして)エキサイトで…

仮面ライダージオウ EP36「2019:ハツコイ、ファイナリー!」 感想

キャラクター 常磐ソウゴ・明確には描かれてないけど、恐らく前回の時点でソウゴは祐子が冤罪ではないと気付いていたと思われる。ただ過去が見えるのは一応初めてなこともあってか、それをなかったことにして(ついでに彼氏がいたことからも目を背け気味)、冤…

仮面ライダージオウ EP36「2019:ハツコイ、ファイナリー!」 感想(仮)

記事にまとめる余裕がないので、下書きのまま公開するという暴挙に出ます。多分いつかちゃんと書く。 雨と太陽 雨水はマンホールへ 降り注ぐ隕石と、傘 抑圧と解放 破壊と庇護 地下(内)と宇宙(外) 傷を受け入れる(ギンガファイナリー)↔オーラ この世アレルギ…

仮面ライダージオウ EP35「2008:ハツコイ、ウェイクアップ!」 感想

キャラクター 常磐ソウゴ・恋とは特別な一人を持つこと。王のイメージはむしろ博愛なので、まぁソウゴに人間味を足すためのものとも取れるけど、若干違和感がないでもない。・冤罪に反応してたのは良かったね。ずっと「魔王になって世界を滅ぼす」って冤罪を…

仮面ライダージオウ EP34「2005:ヘイセイのオニ、レイワのオニ」 感想

キャラクター 常磐ソウゴ・「誕生日を忘れてた」というシチュエーション、物語ではサプライズする側に都合がいいのでよく使われるけど、なかなかなくない? 僕はこれまでの人生で「誕生日を祝う」という文化がピンと来ていないというか、「何を祝われてるん…

仮面ライダージオウ EP33「2005:いわえ!ひびけ!とどろけ!」 感想

キャラクター 常磐ソウゴ・「古代には古代の力だ」これは僕も最近考えてることのひとつ。未来ならともかく、古代に夢を見るというのはどういうことなんだろうね。アギトや剣みたいな"根源"への夢想ともまた少し違う。陰陽師とか錬金術師とか、妖怪みたいなフ…

仮面ライダージオウ EP32「2001:アンノウンなキオク」 感想

キャラクター ツクヨミ・自分の意志で、責任で、時間を止める力を使うシーンがとても良かった。以前、アインシュタインの特集か何かで原爆の話を見たことがある。彼の導き出した質量とエネルギーの関係式を利用してつくられたのが原爆で、彼はその事実をとて…

仮面ライダージオウ EP31「2001:めざめろ、そのアギト!」 感想

キャラクター 常磐ソウゴ・「今の俺の力じゃ、まだオーマジオウには歯が立たない。せめてオーマジオウと肩を並べるくらいの力を持たないと」分かるようで分からない理屈。そもそもオーマジオウというのはソウゴ自身なのだから、ソウゴがなりさえしなければ戦…

仮面ライダーキバ 44,45,46,47,最終話「パンク・バックトゥ・ファーザー/ウィズユー・最後の変身/終止符・さらば音也/ブレイク・ザ・チェーン・我に従え!/フィナーレ・キバを継ぐ者」 感想

キャラクター 紅渡・この間自分の意思で生まれ直したかと思ったら自殺企図。こう続け様だと意味がどうこうの前に単純に飽きた。 紅音也・ダークキバ3回変身はくどいよ……と思ったけど、「仏の顔も3度まで」とかかってるんだろうか。ちなみに偶然かそこから連…

仮面ライダーキバ 42,43話「パワー・オブ・ラブ・王の怒り/結婚行進曲・別れの時」 感想

キャラクター 紅渡・彼にとって嶋さんってそんなに大事な存在だっけ? それとも今回のやりとりで、人間とファンガイア両方の視点を持つという点でシンパシーを抱いていたんだろうか。 登太牙・「気付いていますか。昔からあなたは僕を……黴菌でも見るような目…

仮面ライダーキバ 40,41話「アンコール・名護イクサ爆現/ララバイ・心を解き放て」 感想

キャラクター 紅渡・「めぐみさんに、ごめんなさいと伝えてください」嶋と太牙の間で何があったかは知らないけど、これを言うだけでもだいぶ違うのにね。・「兄さん、僕は生きてみたいんだ。人間とかファンガイアとかじゃなくて、僕は僕として」『555』の40…

仮面ライダージオウ EP30「2019:トリニティはじめました!」 感想

キャラクター 常磐ソウゴ・「最後の最後までもがいて、俺たちを苦しめればいいじゃん。俺は……俺たちは、白ウォズに負けないように戦うからさ」ここ良かったね。僕はソウゴのこういうところがすごく好き。と同時に、やっぱりマッチポンプという言葉を思い起こ…

仮面ライダーキバ 38,39話「魔王・母と子の再会/シャウト・狙われた兄弟」 感想

キャラクター 紅渡・「僕は人間とファンガイアが仲良くなればいいと思ってる」たぶん、そもそもファンガイアが人を襲わなくなればいいってことだよね。少なくともハーフな渡は人間を食べたかったり食べなきゃいけなかったりする訳ではないみたいだから、半分…

仮面ライダーキバ 36,37話「革命・ソードレジェンド/トライアングル・キングが斬る」 感想

キャラクター 紅渡・「本当にどうもすいませんでした」前回を経てまたひとつ人間的に成長している。一応2話完結の体裁を保ってはいるけど、こういうところできちんと繋がりを見せるのは好き。・「太牙くん……どうしよう、浮かれてる場合じゃないんだ」深央が…

仮面ライダーキバ 34,35話「ノイズ・破壊の旋律/ニューアレンジ・飛翔のバラ」 感想

キャラクター 紅渡・「僕が落ち込んでばかりいるから、ブラッディローズが怒ったんだ」たまにゴースト並みに観念的でなに言ってるのか分からなくなるよね、キバって。でもこれは辛うじて読み解けそう。ブラッディ・ローズはたぶん渡自身(キバットやタツロッ…

仮面ライダーキバ 32,33話「新世界・もう一人のキバ/スーパーソニック・闘いのサガ」 感想

キャラクター 紅渡・深央のために自分の意思を出すように(強く)なった訳だから、その深央が他の人と結ばれるなら、確かに渡に自分の意見を押し通すモチベーションはないよね。シンプルだけど分かりやすくていい。 紅音也・真夜と共にバイオリン制作を始める…

ジオウ感想追記(9〜16話)

ジオウ感想追記(5〜8話) 第9話「ゲンムマスター2016」 ・冒頭にてウォズが「(ソウゴが)ウィザードの力を奪った」って言ってるんだけど、これソウゴがゲイツを自己同一化していることを意味しているのか? 「2人の判断なら信じられる」というのも、"他人の正…

仮面ライダージオウ EP29「ブレイド・ジョーカー!?2019」 感想

キャラクター 常磐ソウゴ・好きあってる2人の仲を取り持つみたいなノリだったけど、ソウゴにはそう見えてるのかね。まぁ確かに2人ともかたちは違えど"ソウゴが好き"な訳なので、何かしら通じるものはあるのかもしれないけど……でも、黒ウォズが好きなのはあく…