やんまの目安箱

やんまの目安箱

ドラマ(特撮)、アニメ等の話を中心に色んなことをだらだらと、独り言程度の気持ちで書きます。自分のための備忘録的なものなのですが、読みたい方はどうぞ、というスタンス。執筆時に世に出ている様々な情報(つまり僕が知り得るもの)は特に断りなしに書くので、すべてのものに対してネタバレ注意。記事にある情報、主張等はすべて執筆時(投稿時とは限らない)のものであり、変わっている可能性があります。

仮面ライダーアギト 30,31,32話「隠された力/人の居場所/ギルス復活」 感想

キャラクター

 津上翔一
・「誰かのことをこういう人だとか言っても、そんなの分かんないじゃない」
これ、記憶を取り戻してる間に沢木哲也に言われてたことだよね? どう繋がってくるんだろ。

・「真魚ちゃん、やっぱ、家を出て良かったんじゃないかな。なんていうかさ、真魚ちゃん見つけたんだよ。すっぽんぽんの裸の自分をさ。そこから始めてみればいいんじゃないかな」
そこへ行くと記憶喪失の翔一くんは、最初からすっぽんぽんみたいなもんなんだよな。ということは、ラストは翔一くんが自分の明確な居場所を見つけて終わり?

 

 氷川誠
・「北條さんの言ったことなら、気にしないでください。少し思い込みの激しいところのある人で。すみません」「それについても、北條さんが勝手に推測してるだけです。何の証拠もないんですから。考え過ぎですよ」
いまいち説得力がないのが氷川さんらしい。証拠がないという話をしだすと真魚がやっていないという証拠もないのだから(対して超能力で殺されたという状況証拠はある)、フォローとしては適切じゃない。

 

 風谷真魚
・彼女は、何故テニス部に居続けたのだろう。楽しいのかな? それとも、部費を払ってもらってる以上は始めてすぐやめるのは申し訳ないとかそういうことなんだろうか? とか思ってたらすぐにやめた。もしかすると、あれも居場所探しの一環?
・北條に言われた「風谷伸幸は超能力者が無意識に殺したのかもしれない」という言葉に戸惑っているタイミングで力が強くなるっていうのはうまいね。これで北條が風谷伸幸の事件に目をつけるところにも不自然さがなければ文句なしなんだけど。
・「本当言うとね、私翔一くんの記憶がずっと戻らなければいいって思ってたんだ。翔一くんだけが自分の場所に帰っちゃうの、ずるいって、そんな風に思ってた。私、嫌味っぽいのかな。おじさんの本当の子じゃないって、太一にも僻んでたかもしれない。でもね、分かったこともあるよ。自分の場所を探してるのは私だけじゃないって。みんなそうなんだって。翔一くんだってそうでしょ? そうだよね……それなのに私、我儘の甘えん坊だよね」
正直言うと、この真魚の話は唐突感が否めないというか、これまで気にしたことがなかったのであんまりピンとこないところはある。確かに思い返してみれば、亜紀のせいで翔一が自分の料理を食べてくれなかったこととか、太一に対してもつらく当たってたりとか、それっぽい描写はなくはなかったけど、居場所として美杉家になじめてなかったかというとそんなことはなかったと思うし、我儘言えるのはその居場所で十分安心してるからだとも思う。

 

 相良克彦
・「結局、俺は俺の居場所を見つけることはできなかった。俺の居場所は思い出の中にしかなかった」
治癒能力を持っているにも関わらず死んだということは、奥さんに見放された自分の居場所はもうこの世にないと悟った(≒消極的自殺)ということなのかな。思い出の中に骨を埋めるというか。

 


提示された謎

2.翔一の記憶
7.アンノウンの目的
11.翔一が持っていた手紙
12.子供
14.子供が涼を助けた理由→人間を愛しているから
15.あかつき号事件
16.風谷伸幸殺害事件
17.アギトマーク
19.ノアの方舟
21.「こっちに来て」という音声
22.榊亜紀の目的
24.真澄が殺されなかった理由→水のエルが隠れていたから?

 


風谷伸幸の事件から真魚のドラマになって、そこから居場所というキーワードで翔一くんや葦原にも出番が回ってきそうな雰囲気。

 

次話

仮面ライダーアギト 33,34話「現れた敵/呼び逢う魂」 感想 - やんまの目安箱