やんまの目安箱

やんまの目安箱

ドラマ(特撮)、アニメ等の話を中心に色んなことをだらだらと、独り言程度の気持ちで書きます。自分のための備忘録的なものなのですが、読みたい方はどうぞ、というスタンス。執筆時に世に出ている様々な情報(つまり僕が知り得るもの)は特に断りなしに書くので、すべてのものに対してネタバレ注意。記事にある情報、主張等はすべて執筆時(投稿時とは限らない)のものであり、変わっている可能性があります。

仮面ライダーアギト 24,25話「完璧マシン/激突再び」 感想

キャラクター

 津上翔一
・氷川さんの熱意に負けるかたちでG3-Xを装着し、アンノウンを撃破。素直に喜んでるけど……これだから天然は!
・彼がうまく扱えたのは、多分"無我の境地"に達してるからだろうな。アギトとして戦ってる時の翔一くんは、まさにそんな感じだもんね。執着というものをあまり持たず、淡々と敵を滅する。暴走こそしないけれど、あの姿勢の良さも含め、彼はギルスとは対照的に感情を込めて戦うってことをしないもんね。悪い言い方をすれば……そう、"戦うためだけの生物兵器"。だからこそ"同じ"G3-Xと波長が合ったんだと思う。
・知らないうちに『身長2m、体重150kg、岩をも砕く肉体とコンピューターの頭脳を持った男』にされてしまう。と文字に起こすと改造人間みたいだな。
・感情を顕にして戦うギルスに敗北し、全てを思い出す。これをきっかけに翔一くんにも何か変化があると嬉しいんだけど。

 

 氷川誠
・「小沢さんが設計したシステムに欠点があるとは思えません。僕の腕が悪いんです」
こういうとこ、なんというか、損な性格だよなぁ。最終的には自分の立場を省みず翔一にG3-Xを装着させたりまでして。この辺はG3-Xに欠陥があるのであって氷川が悪い訳ではないと言っていた小沢さんと繋がってる訳だけど。
・翔一G3-Xがアンノウンを倒して、黙ってしまう。切ないな……。

 

 北條透
・あの手品の件にはどういう意味があったんだろう。他人の真似はできても本物にはなれない、的なことなんだろうか? でもまさか、翔一のオリジナル手品って訳でもないだろうし……いや、彼は料理も結構オリジナルでつくるから、あの世界ではオリジナルなのかもしれない……?

 


提示された謎

2.翔一の記憶
7.アンノウンの目的
11.翔一が持っていた手紙
12.子供
14.子供が涼を助けた理由
15.あかつき号事件
16.風谷伸幸殺害事件
17.アギトマーク
18.沢木哲
19.ノアの方舟
20.裏返ったテニスボール
21.「こっちに来て」という音声
22.榊亜紀の目的

 


氷川さんがプロトタイプでデータを積み、涼がG3の脆弱性を示し、翔一くんがG3-Xの優秀さ(と同時に特殊さ)を証明した。その結論としての完成と考えると、なかなか感慨深いものがある。
今回は小沢さんという神が自分のつくった子供(G3-X)について考える話だったけど、"人の手に余るもの"をどうするのかって言う部分は、多分これから超能力についての話と絡めてきそう。

 

次話

仮面ライダーアギト 26,27話「蘇った記憶/涼、死す…」 感想 - やんまの目安箱