やんまの目安箱

やんまの目安箱

ドラマ(特撮)、アニメ等の話を中心に色んなことをだらだらと、独り言程度の気持ちで書きます。自分のための備忘録的なものなのですが、読みたい方はどうぞ、というスタンス。執筆時に世に出ている様々な情報(つまり僕が知り得るもの)は特に断りなしに書くので、すべてのものに対してネタバレ注意。記事にある情報、主張等はすべて執筆時(投稿時とは限らない)のものであり、変わっている可能性があります。

仮面ライダーアギト 11,12話「繋がる過去/湖の激突!」 感想

キャラクター

 津上翔一
・「でも、なんか変じゃないかな。幻想の中で心を保ってるって、どうしてそんな必要があるんですか? こんなに世界は綺麗なのに。ホラ、空も雲も、木も、花も虫も、鳥も家も、草も水も」
翔一くんはそうやって日々を生きてるんだな。毎日記憶喪失になりたいとか言ってたのはそういうことか。なんか納得。
・そういえば今回氷川さんがG3に対する情熱がないとかで悩んでたけど、翔一くんは何事にも執着があまりないよね。記憶を取り戻そうとすることにも消極的だったし、毎日記憶喪失になりたい発言なんてまさにそれ。

 

 氷川誠
・「あの人がミスをするとは考えられませんが」
氷川さんも信頼してんだなぁ。少なくとも北條さんよりは。
・北條さんが気絶(?)してるのを見て、生身でG3用の銃を使いアンノウンに対抗する。かっこよすぎかよ。
・「アンノウンが狙ったのは、お腹の中の赤ん坊です。最初に殺された被害者の現場で、姓名判断の本を見つけて、もしかしたらと思い、護衛に当たりました」
なるほどなぁ、根性だけじゃなくて洞察力もあるのか。氷川さん何気にスペック高いな。一条さんほどではないにせよ。
・この期に及んでアギトを捕獲しようなどと言い出す北條を一喝。私欲に負ける弱い北條を強い氷川が止めるというのは、翔一(アギト)を守る/殴るという意味でも、後述する涼のパンチと真逆。

 

 葦原涼
・「現実に耐えられない人間もいる」「世界は美しいだけじゃない」「人間がみんな自分と同じだとは思わない方がいい」
これ翔一くんに対する返しなんだけど、なんだかクウガに対しても言っているように聞こえた。世の中そんなに強い人間ばかりじゃない、蝶野みたいな奴を"クズ"の一言で片付けてしまうのはあんまりだ、と。
・溺れる佐恵子を助けることができたのが翔一ではなく涼だったのも、水泳をやっていたという理由はあれど、弱い人間を助けてあげられるのは同じ目線に立てる人間だという風にも読み取れる。
・同じくアンノウンの気配を察知できる涼は最初の反応を(明確な描写はなかったけど)無視して、その次の佐恵子を襲うアンノウンは倒しに行った。この2人の差が如実に現れている。

 

 北條透
・「小沢管理官の判断ミスですよ。私は謂わば被害者です。小沢管理官が離脱命令を出さなかったせいで、私は危うく命を落とすところだったんですから」
前回は見くびるようなことを言ってしまって申し訳ない。やっぱり嫌な奴だった。

 

 美杉義彦
・「翔一くん、過去を思い出すのが怖いという気持ちは分からなくはないが、君を思い、君を待っている人がどこかにいるかもしれない。そう考えたことはないかね。それに、君が昔の自分を取り戻したたとしても、私達との縁が切れる訳じゃない。人と人との繋がりというのは大切なものだ。君との繋がりを断ち切られたことで、悲しい思いをしている人がいるかもしれない。そこのところ、よく考えてみなさい」
この人が言うと説得力あるなぁ……何しろ前にも言ったけど、メイン3ライダーに縁をつくった人だからなぁ。

 


提示された謎

2.翔一の記憶
7.アンノウンの目的
11.翔一が持っていた手紙
12.子供
14.子供が涼を助けた理由
15.あかつき号事件
16.風谷伸幸殺害事件
17.遥か昔の高度な文明を持った民族→兄のホラ話だったが、アギトマークについての謎は残る
18.沢木哲

 


どれが正しいかって答えを示すんじゃなく、色んな立場の色んな意見を並べるようなスタンス。そういう意味でやっぱり前作のクウガとは反対って感じ。

 

次話

仮面ライダーアギト 13,14話「父の手掛かり/最強キック」 感想 - やんまの目安箱