やんまの目安箱

やんまの目安箱

ドラマ(特撮)、アニメ等の話を中心に色んなことをだらだらと、独り言程度の気持ちで書きます。自分のための備忘録的なものなのですが、読みたい方はどうぞ、というスタンス。執筆時に世に出ている様々な情報(つまり僕が知り得るもの)は特に断りなしに書くので、すべてのものに対してネタバレ注意。記事にある情報、主張等はすべて執筆時(投稿時とは限らない)のものであり、変わっている可能性があります。

仮面ライダーエグゼイド 6話「鼓動を刻め in the heart!」 感想

86ma.hatenablog.com

仮面ライダーブレイブ レベル3登場回。
飛彩の秘められた過去が明かされる。が、これまでの非道な言動を納得できるようなものでもなければ、同情の余地がある訳でもない。

 

キャラクター

 宝生永夢
・「あなた(飛彩)が医学の勉強に集中できるように……そう思って(ゲーム病であることを)黙ってたんじゃないんですか!?」
そもそもゲーム病の存在自体が国家機密なんだから、たかが恋人においそれと言ったら駄目でしょ。何を言ってるんだか。
・今回も患者の話を聞くだけ聞いて、悩み解決にはまるで貢献せず。ある意味、一番医者らしい患者との距離感なのかもしれない。

 

 鏡飛彩
・患者にわざとストレスを与え、苦しめ、発症させる鬼畜っぷり。見ていて胸糞が悪くなる。
しかし、わざわざ発症を待たなければ対処できないというのはシステムの欠陥でもあるのでこいつが100%悪いとは言わないが、99%はこいつが悪い。こんな男、愛想を尽かされて当然。逆に何故付き合ってたのか謎。
・「俺なら小姫を救えた!」とは言うが、本当だろうか。本編が始まってからこいつが人を救ったことなどほとんどないはず。知り合いだからやる気を出すというのなら、もうこいつに「患者に深入りするべきではない」などと言う資格はない。
・患者の治療よりも私怨を晴らすことを優先。もうこいつならこれくらいやらなければおかしい。
・宿主の記憶を持っているグラファイトの言うことより、飛彩の話もゲストの話も今日聞いたばかりの永夢の言うことの方を信じるのはとても都合がいい。
グラファイトを信用しない」だけなら分かるが、「永夢を信用する」のは分からない。
・なんの脈絡もなくエナジーアイテムを使い出す。

 

 花家大我
・「そこまで言うならやって見せろ。そうだ、グラファイトがお前の恋人の敵だ」
その後遠くからライダーバトルを見物し、ブレイブがグラファイトに勝つと「いい気になるなよ」と負け惜しみ。
とても一人でリスクを背負いたがるような人間には見えない。

 

 ポッピーピポパポ
・「あれきっと、恋の修羅場だよ」と言ってニヤニヤ笑う。性格が悪い。
・患者を放置して笑顔でゲーム解説をする異常っぷりも健在。その後患者が倒れても棒立ちでライダーバトルを見物。そろそろナース服着るのやめたらどうだろうか。

 

 百瀬小姫
・デート中にあの態度なら気持ちも分かるけれど、大学の敷地内で「勉強に集中したい」って言うのは、それなりに筋が通ってるんじゃなかろうか。

 

 

 

設定

音ゲーを無視したブレイブがダメージを受けるのは分かるが、エグゼイドが音ゲーをフルコンクリアしたのにバグスターにダメージが入らないのは分からない。それじゃクリア方法がないじゃん。
・と思ったら斬撃で音ゲーのバグスターを倒している。バガモン回の「ジュージューバーガーはそういうゲームじゃない!」はなんだったんだ。
・レベル2vsレベル3でこれまであれだけ一方的にやられてたのに、レベル5相当のグラファイトとレベル3のエグゼイドやブレイブが互角に戦っている。不思議。

 ・エピソードゼロは見ていないのでネット情報だが、大我の同僚、牧も消滅しているらしい。リボルは完全体となっていないが、彼の体はどこへ行ったのだろう。

 

良かった点

・永夢が黎斗にガシャット返そうとしている。普通のことだけれど、エグゼイドでこんなまともなシーンを見られるとは。
・話に関係のない貴利矢が出てこなかった。うまく扱えないのなら、こういう風にフォーカスを絞ればいいのだ。それでも尚話に無理があるのは流石だが。

 

まとめ


今回は永夢が比較的まともだった分、飛彩やポッピーの酷さが目に付いた。
毎度それなりに楽しんでいるバトルシーンも、今回は音ゲーという要素をうまく扱えておらず微妙。

 

次話

仮面ライダーエグゼイド 7話「Some lieの極意!」 感想 - やんまの目安箱