やんまの目安箱

やんまの目安箱

ドラマ(特撮)、アニメ等の話を中心に色んなことをだらだらと、独り言程度の気持ちで書きます。自分のための備忘録的なものなのですが、読みたい方はどうぞ、というスタンス。執筆時に世に出ている様々な情報(つまり僕が知り得るもの)は特に断りなしに書くので、すべてのものに対してネタバレ注意。記事にある情報、主張等はすべて執筆時(投稿時とは限らない)のものであり、変わっている可能性があります。

仮面ライダーエグゼイド 5話「全員集結、激突Crash!」 感想

86ma.hatenablog.com

ゲンムの正体が判明・エグゼイドレベル3登場回。
物語は加速し、視聴者を置いてゆく。やたら詰め込まれているのに中身が伴わない、とてもエグゼイドらしい話だった。

 

 

キャラクター

 宝生永夢
・遅刻。やる気なし。
・患者の治療等、何ひとつ解決していないのに、幻夢コーポレーションの社長に会えたことを喜び笑う。悪いとは言わないが、その描写要るか? もっと他に描くべきことあるだろう。
・確かに治療はするべきだが、犯罪に対する制裁も必要。別にそれは二者択一ではない。
・「苦しんでる患者がいるのに、放っておくなんて……僕には……」と言いつつ、戦いに負けて傷付いた仮面ライダー達を前にして、何をするでもなく棒立ち。
・貴利矢のことを「レーザー」と呼びつつも敬語を使う場面が。永夢とMが混じっていないか?
・自分の意見を否定され、マジギレ。ゲンムのライダーゲージは逃げた段階で既に残り2だったが、知ってか知らずか永夢(M)は「もう終わりか! 俺と戦え!」と戦う(殺す)気満々。怖い。

 

 鏡飛彩
・「助けて欲しければガシャットを返せ」
生殺与奪の権利を良いように使って患者を脅迫。医療倫理の4原則を知らないのか。僕は知っているぞ、きちんと本を読んで調べたからな。今回の行為は明らかに善行原則に反している。ドクター失格。
・仮に医者としての資格についてを度外視しても、「患者には関わらずただ病気を治す」という自身の主義に反していると言える。思いやるべき事情を無視するならば、批難するべき事情も無視するべきであろう。
・永夢の存在そのものを否定。人の心を持ってはいないようだ。

 

 九条貴利矢
グラファイトがゲンムだと嘘をつき、状況を掻き乱した。何がしたいんだこの人は? ゲンムがガシャット泥棒であるグラファイトをかばっている場面も見たはずなので、ガシャットの盗難騒ぎは黎斗もグルであると分かっていたはずだが、あの嘘で黎斗の妨害をしたつもりだったのだろうか?
ゲンムがゲーム病患者だと信じたことで、永夢はゲンムと戦うことを躊躇していた。おそらく今回のゲンム側の目的はエグゼイドのレベルアップだと思われるので、確かに適切な処置だったと言えるかもしれないが、逆に何故そこまで推理できたのか意味が分からない。神の視点に立っている視聴者の僕ですら、ゲンム達の行動が理解できないのに。

 

 檀黎斗
・変身するところを普通に見られている。かっこ悪い。
・水晶云々は意味が分からない。一体何が言いたかったのか。
・「恐ろしいのは……私自身の才能さ!」
全部自分の計画通りみたいな雰囲気出してるけど、黎斗は何も暗躍していない。
コラボスバグスターを守ったものの最終的には倒され、自身もレベルアップしたエグゼイドにボコられただけ。
グラファイト関連やエグゼイドのレベルアップは全てパラドの作戦のはず(そうでないと冒頭のパラドが単なる虎の威を借る狐で間抜け)。

もし貴利矢の嘘が何らかの妨害だったとしたら、黎斗はそれをアドリブで躱して予定通り作戦を進めた、ということになるのだろうか? それでドヤ顔?

 

 パラド
グラファイトがガシャットを持ち出し、かつゲーム病患者を装ったたのはパラドの指示っぽいが、一体何のため?
エグゼイドをレベルアップさせたいなら、わざわざこんな遠回りをせず、幻夢からの支給と言うかたちを取ればいいだろうに。しかも、一度はゲンムがバグスター撃破(ロボッツゲット)の邪魔をしているのも不思議。
レベル3のデータは欲しいが、同時にレベル3バグスター達のデータも収集する為、と考えられなくもないが、そもそもレベル3編で出てくるのはクロニクルには微塵も出てこないコラボスバグスターであるので、腑に落ちない。

 

ポッピー
グラファイトを見るや否や「ガシャット泥棒!」と叫ぶ。患者にストレスを与えるような言動ばかりだなこいつは。きっとバグスターだから心がなくて、人の気持ちが分からないのだろう。
・オペの際に嬉々としてゲームの解説をするのも異様。またゲーム病の治療ではなくガシャットの回収を目的としているような発言もあり。

 

 

 

設定

・現時点では語られていないが、仮面ライダーに変身するにはバグスターウイルスに対する抗体が必要なはず。そしてそれを永夢以外は知っているはず。
にも関わらず、ゲーム病患者が仮面ライダーの変身者であるという発想が出てくる(そして受け入れる)のは理解しがたい。
グラファイトが相手なのに、レベル1にプットオンするスナイプ。レベル1の役割は患者とバグスターの分離だったはずだが……完全体に取り込まれた患者も分離できるのだろうか。それとも大我がアホなだけ?
・確か、ライダーの強制変身解除は今回が初である。ゲームオーバーとの兼ね合いが難しい設定(装着者保護機能として大きなダメージにより変身解除されるなら、ゲームオーバーは有り得ない。あるとすれば変身解除後の純粋な殺害のみである。デッドリージャマーは例外)だが、一体どういった基準で変身解除されているのだろう。

 

良かった点


・ゲキトツクリティカルストライク。

 

 

まとめ


煩雑。エグゼイドのパワーアップ回かと思いきや、"See you Next game"の色を見るにゲンムのメイン回だったようだ。そこに飛彩と永夢の対立や大我と貴利矢のちょっかい、そしてパラドの思惑も重なって、何をしたいのか分からないし結果的に何ひとつきちんとこなせていない。
上っ面だけはそれらしく見せているつもりかもしれないが、真面目に見たらおかしいところだらけだ。こういう話を僕は「子供騙し」と呼ぶ。

 

次話

仮面ライダーエグゼイド 6話「鼓動を刻め in the heart!」 感想 - やんまの目安箱