やんまの目安箱

やんまの目安箱

毎日19:00更新予定。ドラマ(特撮)、アニメ等の話を中心に色んなことをだらだらと、独り言程度の気持ちで書きます。自分のための備忘録的なものなのですが、読みたい方はどうぞ、というスタンス。執筆時に世に出ている様々な情報(つまり僕が知り得るもの)は特に断りなしに書くので、すべてのものに対してネタバレ注意。

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 19話「命令違反の代償」 感想

 ルパンレンジャー

・有り得ないとか散々言っておいて全く気付いてなかったのダサい。ギャングラーが特殊能力を使うのなんていつものことなのに、一体何を以て断言してたんだろ。意味が分からない。

 

 パトレンジャー

・「じゃあ俺を殴ったのは誰だ!」
前からも何度か言ってきたけど、圭一郎って叫ぶと怖いのよ。それがギャングラーに向けられていればかっこいいと思えるけど、人や物に当たってるのを見ると本当に近付きたくない。普段は"冷静かつ毅然とした態度"でいて欲しい。
・ちゃんとジュレに詫びを入れにいくのは良かった。そこは良かった。
・「こんな昼間っからゴロゴロするの、久しぶりだなぁ……」
謹慎中ってゴロゴロするもんなの? 反省の色が見えないというか、慎みがないよね。確かに朔也からしたら無実の罪で不当に謹慎させられてる訳だから気持ちは分からなくもないけど、自宅でも市民のためにできることはあるでしょ、筋トレとか。少なくとも「初美花ちゃん!」は不謹慎。
・感情的になって、ルパン組に諭されて初めてギャングラーの存在に気付くなんて情けない……。カマイタチがギャングラーの仕業だっていうのも根拠に乏しすぎるし。
・圭一郎もつかさも、携帯電話すら持っていないんだろうか……?
・「守らなきゃいけないのは僕の立場じゃない。みんなの笑顔です」
カマイタチに市民が巻き込まれたという情報は一切ないので"みんなを守る"に説得力がない。そして圭一郎とつかさもある程度ギャングラーの存在には勘付いていたので朔也が行く必要性がない。金庫の光だって、2人がしっかりと警戒していれば見れないものでもない。
・腕を掴まれただけなのになんで皿掴んだの。演出最悪でしょ。殴るのはまだ分かるとしても……。

 

 ギャングラー

・何の意味もなく数台の車を切断してたけど、あれは何だったの?

 

 

ルパパトを見て初めてクソだと思った。
命令違反が許されるなら、6話の「快盗という手段を選んだ時点で貴様らは間違ってる」というセリフも意味をなくす。きちんとした手続きを踏むからこそルパン側にない正当性がパトレンジャーに生まれるのに、そこを取ったらどっちも悪党よ。あるいは、ルパンレンジャーがパトレンと同じ正義の味方ってことになるか。
お偉いさんの梁上とか言う奴も、世間体だけ気にして結果論で命令違反の罰を免除(しかも朔也の暴行がギャングラーの仕業だという"証拠"はないのに)する態度を見るに、"国際警察"という組織そのものへの信頼がまた一段と下がった。それに合わせてそこの下に与しているパトレンジャー達への信頼も同様。
こんなの見たくなかった。

 

次話

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 20話「新たな快盗は警察官」 感想 - やんまの目安箱