やんまの目安箱

やんまの目安箱

ドラマ(特撮)、アニメ等の話を中心に色んなことをだらだらと、独り言程度の気持ちで書きます。自分のための備忘録的なものなのですが、読みたい方はどうぞ、というスタンス。執筆時に世に出ている様々な情報(つまり僕が知り得るもの)は特に断りなしに書くので、すべてのものに対してネタバレ注意。記事にある情報、主張等はすべて執筆時(投稿時とは限らない)のものであり、変わっている可能性があります。

ヘボット! 24話「兄×弟」 感想

マンデイ! 意味は分かんないけど、楽しそうなのでなんとなく真似したくなるよね。ヘボットもチギルもペケットも、ツッコミながらもなんだかんだ輪に加わってるし。休み明けということで憂鬱なものというイメージが強い単語なので、こうして少しでもポジティブな意味付けをするのは、めちゃくちゃ有益なことだと思う。
他に何かしらの意味を見出そうと努力してみると、月の日ということで4話に出てきたネジの月と何か関係があるだろうか。卿曰く、そこの人々は心のネジが緩みきってへらへらしていたらしい。心のネジを緩めていこうぜ?


悲しみに暮れる幼いヴィーテ姫を、無邪気に元気付けるネジルらしき声。そのやり取りを知っているネジ王もまたネジルだったのか、はたまた当時からネジ王としてみんなを見ていたのか。
小さくつまらないものと見做されてしまい得るネジだけれど、その実なくなると結構こまるよね。1個なくすくらいなら僕らの感覚的にはなんとかなりそうけど、おそらく本当は駄目で、玩具なら耐久性が基準に達しなくなってしまうとかあるかもしれない。
そもそも、そのネジが必要な玩具は、果たして必要なのか? ストレス解消のために必要かもしれない。ではその人が生きて幸せを感じる必要はあるのか? 周りの人は死んだら悲しむかもしれない。じゃあその人たちが生きてる必要は? 人類が、宇宙がある意味は……と延々に繰り返していくと、18話のムラキについて言った巨視的虚無感に辿り着く。
(参考:ヘボット! 18話「ネジル、学校に行く」 感想)

そうならない為の1つの方法に、循環がある。AさんがBさんを必要として、そのBさんもAを必要とする。こうすればこの宇宙は果たして必要なのかなんていう不毛な疑問にはぶつからずに済む。本来はネガティブな言葉だが、このような共依存関係は強固だ。
「でも私は……」ということは、ヴィーテにはめぞん一刻、じゃないレゾンデートルがないのだろうか。彼女の時間は戻ることなく進み続けるらしい。ちょっと、前回した次元ネジの話に通ずるものがある。全ての平行世界も含めてあのヘボット世界全体の理を司るネジな訳なので、時間に対するスタンスもブレたらややこしいことになる。どの階層のいつの周回においても、次元ネジだけは絶対的なものであり続けるのではないか。意図的にではなくどうしようもなくトキトキネジの効果を"受けられない"のだとしたら、姫様は次元ネジと何か関係があるのかもしれない。

 

一方ヘボネジコンビは本当にペケチギは兄弟なのかと検証。
ボキャ美の話を信じるなら、ネジが島の王族には支持率というものがあるらしい。システムとしてそういうものがあるって訳じゃなく、単に反乱分子が増えて革命(ポロリの群衆が言ってる)が起こるという話かもだけど。
問い詰められ焦るジル国王に変わって、ブルーアイズMCネジーとネジ王が解説。
チギルについて尋ねたはずなのに、なんだかナグリ王妃の話にすり替えられた感があるヘボ。話を順に追うならネジルが生まれてからナグリとチギルが武者修行の旅に出たっぽいので、チギルは3歳までは普通にネジが島で暮らしてたことになる。でも「元々いた第一王子が(王妃と共に)失踪した」ことについてのパニックを防ぐには、影武者を立てるとかならともかくチギルの存在をタブーにするのではあまり意味がないと思うのよね。「隠し子がいた」という噂が相手なら、まだ封殺もできそうだけど。ただこれは、「国民の記憶を操作するようなことがない限り」の話だけどね。

チギルは自信をなくすとボキボキモンモンに変わってしまう。カレーを食べると普段の辛口キャラに戻るぞ。辛とかボキ(戊己)とか、やけに十干を連想するのは気のせいかな。それ以上のこと思いつかないし。
ネジルがペケペケネジの音声を聞き比べてる後ろで三角形の口してるチギル、どことなくめだかボックスのキャラっぽい。いや、目付きの悪さも相まって明確にバーミーみたい。紫の恐竜でもなければ見栄っ張りのパイロットでもなくて、鶴喰鴎ね。ダークヒーローな人。
エトペケ合体3連発! エトと合体できるのは実はヘボペケの専売特許ではなかったりするのだけど、傍証としては全然アリ。
七色のLEDはとても便利。お題の色に光ってくれるのですごく分かりやすい。でも、ジョボーンで雨が降ってたからてっきり勘違いしてたけど、よく見ると"虹色"ではないのよね。属性の赤青黄緑とペケペケネジの白、エトネジのピンク(紫?)に、スゴスゴやヤミヤミキラキラコロコロなどの特別系が水色で七つ。

 

2人が広めんとする新ギャグ、ネジかけ。当然掛け算がモチーフなのだが、この操作は非常に奥が深い。というか、僕には正直よく分からない。
「かける数/かけられる数」の話は、生きていたら一度くらいは聞いたことがあるだろう。「3人の子供に2個ずつパンを分けるとき、全部でいくつ必要か」という文章題に対応する式として「3✕2=6」を書くことが、果たして間違いなのかどうかという問題。結論を言えば、一般的な「かける数/かけられる数」の立場からすると、これは間違いとなります。
自分の無知を棚に上げて「どうして駄目なのか」を考えようとせずに教育機関を責めたりする人(発端のツイートでは「気が狂っている」と)もいるのだけれど、途中までは少し考えれば誰でも分かる話だと思うので、説明してみようと思う。

前提条件として、掛け算には交換法則が成り立つので、3✕5も5✕3も同じ15という数字を導く。ここはたしかにその通り。
その上で、あくまで"社会生活における約束事"として、掛け算の書く順序に意味を設定する文化がある。前に来るものを"かけられる数"、後ろに来るものを"かける数"とし、それぞれが1つあたりの数と、それがいくつ分あるかを表す。言葉で書くと抽象的にならざるを得ないので、視覚的に書いてみる。
図1「◯◯ ◯◯ ◯◯」→2×3
図2「◯◯◯ ◯◯◯」→3×2
ここに意義を唱える人は少ないのではないか。2個の塊が3つあるので、2✕3。3個の塊が2つあるので、3✕2。通常、この"塊"のことを"かけられる数"と呼び、立式の際には前側に置かれる。「2に、3をかける」ならば、2がかけられる数で3がかける数となる。
先述の文章題「3人の子供に2個ずつパンを分ける」というケースを図にしようと思ったら、多くの人は図1を選ぶと思う。だから、このケースに対応する式は3✕2ではなく「2✕3」なのだ。深い話なので詳しくは後回しにするが、人間の認識として「子供よりもパンの方が距離的に近くてひとまとめにしやすい」から、図2にはなりにくい。
文章の中で数字の出てくる順番が逆なので紛らわしいが、これが割り算ならどうだろう。「3人の子供に12個のパンを分けるとき、1人あたり何個か」という問いに対して、順番通りに並べて3÷12と書く人はいないだろう。それは割り算の数字の順序に意味があり、割る数と割られる数が意味的に区別されているからだ。掛け算においてはたまたま交換法則が成り立つから頭の中で逆転させても同じ結果が出るだけで、本来この両者は区別するべきものである……というのが「かける数/かけられる数」の立場だ。


ここからはさらにもう一歩踏み込んで話をしてみる。ここまでの話で分かった気になれた人は、読まなくていいかもしれない。こんがらがって「やっぱり分からないや」となる可能性も高いので、理解を深めたい方だけお付き合いいただければいい。

そもそもの話この順序問題というのは、掛け算と言っても項が2つの時に限られたものだ。項という表現は正確ではないが、数学に詳しくない僕は残念ながら他に適当な言葉を知らない。要は「2✕3✕5」のように3つ以上の要素をかける場合には、同様の取り決めはあまり顔を見せなくなるという話。立体の体積を求める場合の「縦✕横✕高さ」という順などは時折使われるが、2要素の時ほど強いものではない。あえて文章題をつくるのであれば「2個のパンを3人へ、1日おきに5回配る」みたいな構造になるだろうか。3要素になると途端に脳の処理能力が追いつかなくなり、順序など割とどうでもよくなってしまう。
先程ちらっと匂わせたが、同じ「3人の子供に2個ずつパンを分ける」ケースでも「◯◯◯ ◯◯◯」→3×2の図にすることは不可能ではない。「3人の子供に1つずつ配ると、2巡する」という捉え方をすればいい。Wikiには「トランプのように配る」と書かれている、言い得て妙だ。数字と単位の組み合わせパターンを挙げると、以下の4つとなる。
 1.パンを2個ずつ3人に分ける(2個×3人)
 2.パンを3個ずつ2人に分ける(3個×2人)
 3.パンを2人に1つずつ、3度配る(2人×3度)
 4.パンを3人に1つずつ、2度配る(3人×2度)
かけられる数とかける数を分かつのは、基本的には先述もしたが「どちらがよりひとまとめにしやすいか」だと思われる。この辺りまで来ると、問題の根っこが明確になってくる。これは数学の問題というよりは人間の問題……人がどのようにして世界を認識するかという、極めて文系的な話なのだ。

 

……書きかけでもイインダヨ〜。

 

ヘボット!感想一覧

前話

ヘボット! 23話「ねらわれたネジ魂」 感想

次話

ヘボット! 25話「ツルっと落ちた流れ星」 感想