やんまの目安箱

やんまの目安箱

ドラマ(特撮)、アニメ等の話を中心に色んなことをだらだらと、独り言程度の気持ちで書きます。自分のための備忘録的なものなのですが、読みたい方はどうぞ、というスタンス。執筆時に世に出ている様々な情報(つまり僕が知り得るもの)は特に断りなしに書くので、すべてのものに対してネタバレ注意。記事にある情報、主張等はすべて執筆時(投稿時とは限らない)のものであり、変わっている可能性があります。

仮面ライダージオウ EP09「ゲンムマスター2016」 感想

キャラクター

 常磐ソウゴ
・「あの人たちって、あの王様の民ってことじゃないの?」
報道陣って民なの? としばらく考えてたけど、どうやらあの東都政府みたいな色の服着てたらファウンデーションの人ってことらしい。演出面だけど、ちょっと分かりにくかった。
・「君を俺の……王室直属の騎士団長に任命する!」
こんなこと言う人だっけ……? いや、クラスメイトには言ってたけど、自分を監視してるゲイツに、しかも今更。曲がりなりにも"2人の距離感"みたいなのができてた気がしてたんだけど、一気になんか崩れた。
・「王様を見て、勉強したい」
そういえば、信長の話してるとき何冊か本が置いてあったな。『受験しないのはいいとして、王になるために何をしてるんだ?』という問の答えはこれで、色んな王様を調べて研究してるのだろうか。そういや1話から歴史は得意だって言ってたっけ。
・「やった、家来になります」
そういうとこは意外と柔軟なのね。それはいいとして、クズヤミーに連れてかれる比奈を横目に電話するのはなんなんだ? 彼女は現状黎斗の領民だから、自分はノータッチってこと……? いやでもだとしたら「世界を全部良くしたい、みんな幸せでいて欲しい」に反するじゃん。
・「すぐこっちに戻ってきて」
結局なんのために呼び出したんだろう? 結果だけを見ると、ゲイツを倒して黎斗に認められるためだったのかな。
・「ゲイツがそう思うなら、そうなんじゃない?」
"2人の判断なら信じられる"けど力でねじ伏せるってどういうことなんだ……もしそういうつもりだったならライドウォッチをソウゴに持たせてるゲイツ達が馬鹿みたいじゃないか。

 

 明光院ゲイツ
・「見ろ。2016年……これが奴の生まれた年だ」
えぇ……これまでアナザーライダーが該当レジェンドウォッチ持ってたことなんて一度もないじゃん。それにオーズのことは知らないの? どう見てもそのウォッチとはデザインが違うと思うけど。アナザーライダー側の年号と合わせて勘違いしたとしようにも、ツクヨミは口に出してないのでゲイツには伝わっていないはず。流れが不自然過ぎない?
・ゲンムアーマーの変身音は劇中BGMのアレンジだよね。こういう楽しみはレジェンドものならではだから結構好き。BGMとして流れないのはちょっと寂しいけど、まぁジオウはジオウの世界観を確立しないといけないからね……。
・アーマーチェンジせずにジオウにやられるとナメプしてるみたいだからやめてよ。もしかするとそれぞれ特性があるだけで基本フォーム含めスペックは並列なのかもしれないけど、見た目的な話で。ゲンムウォッチでもなんでもいいから……あ、どうせ負けるから販促対象は使わないってことか。

 

 ツクヨミ
・信長を知らないらしい。オーマジオウの治める世界に教育というものはないのかな。ゲイツは特別教養があるけど、彼女は全然そうじゃないもんね。
ところでオーズの映画に確かそんなん出てきたよね。全然覚えてないけど。
ツクヨミが2016年についていくことは、ソウゴを見張ることよりもそんなに大事なことなの? もちろんそっちで何かちゃんとした役目があるなら分かるけど、ただ見てるだけで特にいる意味があったようには……。

 

 常磐順一郎
・このタイミングで鶏肉って絶対狙ってるだろ、何かを。

 

 タイムジャッカー
・「今まで王として擁立しようとした人間の、欲望が足りなかったってこと?」
これまでそんなことも考えずにやってきたのか……??? いやだからこの人たちは一体何がしたいんだ。前回あそこまで巧妙に計画立てて早瀬を陥れてた訳だから、これまでだって適当にそこらにいるやつに決めてる訳じゃなくて何かしらの基準で選んでたんだと思うけど……とはいえ、彼らの行動の前後関係は本編で流れた順とは全然違っていてもなんらおかしくはないっていうか絶対違うけど。

 

 泉比奈
・なんでここに就職したんだろ。

 

 アナザーオーズ/檀黎斗
・「おう、そうだ」
こ……こんな寒いダジャレを言う人だっけ? いや、たしかに寒い人ではあったけど、なんかちょっとベクトルが違う。歴史改変の結果とするなら別にどうなってもいいんだけど、どうなってもいいなら"檀黎斗"である必要が全くなくなる。
・「素晴らしい力だ」
与えられた力で満足することに若干の違和感を覚えたけども、ビリオンはどう見てもマキシマムを参考にしてるしムテキも永夢の発案だったと明かされたし、元から割とそういう奴だったかもしれない。
・「我が妃にしてやる」
これも言わないような気がする……うまく表現できないけど、王になった黎斗じゃなくて黎斗になった王って感じ。それに、求婚を断られたくらいで躊躇なく比奈を殺そうとするのもおかしい。本編では少なくとも「データまで削除した訳じゃないからいい」という自分のルールに則って動いていたはず。……はず。
・結局前回持ってたのはただのゲームカセットだったのかね。

 

 

魔王とか鳥とか、信長とか欲望とか、そういう言葉遊び的な絡め方は結構好きなんだけど、肝心のドラマとしてはやっぱイマイチよく分からない。

 


補完計画9.5話「王と神とオトナ」

電王って結局電車の王なの? 劇中で王要素っぽいものは見当たらなかったと思うんだけど……まぁまた見るときちょっと気にしてみるか。オーズは800年前に本物の王がいたけど。
ソウゴがカミカミだったのは台本に書いてあったのかね。ウォズも笑っちゃってたから本当っぽかったけど、後の回収の仕方がうますぎて、岩永さんのアドリブだとしたら素直にすげぇなって。「18年早い」の元ネタはディケイドのキャッチコピー?
今回は本編よりこっちの方が面白かったな。

 

追記

'19/3/28
・冒頭にてウォズが「(ソウゴが)ウィザードの力を奪った」って言ってるんだけど、これソウゴがゲイツを自己同一化していることを意味しているのか? 「2人の判断なら信じられる」というのも、"他人の正しさ"を認めたのではなく、あくまで自分の一部としての正しさ?
・アナザーオーズが倒された時の黎斗の様子……タイムジャッカーに時を止められている人、あとタイムラグで力が消えかけている戦兎たちと同じようなエフェクトなんだけど、後者はともかく前者はどういうことなんだろうね。前者も完全に止まってるわけじゃない(思考はできる)から、そういう"グレーゾーン"の表現なのかな。
・「騎士団長に任命する」のくだりがソウゴと黎斗で共通してるんだけど、これはどういう意図があるんだろう? 任命されたゲイツは断って、ソウゴは(一時的に)受け入れてるっていうのが違いではあるけど……。

 

次話

仮面ライダージオウ EP10「タカとトラとバッタ2010」 感想 - やんまの目安箱

過去作感想

手品のような作品『仮面ライダーエグゼイド』 本編感想 - やんまの目安箱