やんまの目安箱

やんまの目安箱

毎日19:00更新予定。ドラマ(特撮)、アニメ等の話を中心に色んなことをだらだらと、独り言程度の気持ちで書きます。自分のための備忘録的なものなのですが、読みたい方はどうぞ、というスタンス。執筆時に世に出ている様々な情報(つまり僕が知り得るもの)は特に断りなしに書くので、すべてのものに対してネタバレ注意。記事にある情報、主張等はすべて執筆時(投稿時とは限らない)のものであり、変わっている可能性があります。

仮面ライダーカブト 41,42話「敗れる最強/最凶VS.最恐」 感想

キャラクター

 天道総司
・「おばあちゃんが言っていた。人が歩むのは人の道。その道を拓くのは天の道」
ひよりがいなくなっても案外これまで通り他人と関わっているので、なんとなく、自分より弱い人(蓮華、小林、加賀美、剣)に触れることで、自分がしっかりしなければみたいな……そういう感じで吹っ切れたように見えた。
・「確か時を止めるんだったな。だがその技は見切った」
……その対処法が、誘導弾? 単純に時間停止の能力にあぐらをかいている隙を付いたってことなんだろうけど、そもそも一度止められた時点で仮に殺されてたら全く意味ないと思うんだよな。相手がバカだったか主観時間で何秒までしか止められないみたいな制限があるかは知らないけどさ。

 

 加賀美新
・「じゃあ、俺はなんのために生まれたきたんだ……」
あー、そっち? その件については、一人で捜査してワームを倒すエピソードとガタックになったことでとっくに乗り越えたものだと思ってた。まぁあの時もまず陸に励まされてたし、さらにガタックですら自分の力で勝ち取った訳じゃないと言われた訳だから、分からなくもないんだけど、僕は加賀美ならどちらかと言うと、「これまでZECTがしてきた酷いことについて陸はどう考えてるのか」について憤りを覚えるタイプだと思ってたので、そちらに言及しないのはなんか意外。
・やたらとネイティブを敵視する理由もよく分からない。ワームでも剣やひよりには情をかけてあげてたのに。田所に限っては、ずっと騙されてたことに怒るのも無理はないが、他の立川のようなネイティブは別に良くない?
・なんとかするって簡単に言うけど、相手は時間を止められる訳で、最悪のパターンとしては人質全員殺されてアンチミミック弾も取られるってことだと思うんだけど、たまたま相手の頭が悪くて(或いは何かできない訳があって)加賀美の相手してくれただけだよね。まぁ、ワーム側の目的に人類の殺戮が入ってないなら人質だけは助かるかもしれないけど、現状それすらも分かってないので流石にちょっと雑かな。

 

 田所修一
・実家が老舗の蕎麦屋だって話があったと思うけど、もし天道の言うようにネイティブが35年前に来たのなら、元々いた田所修一を殺して成り代わったってことにならない? それともあくまで"そういう設定"で、家族みんなネイティブなのかな。擬態元がいるのかや、例えば顔にアレンジを加えたりしてオリジナルのものにもできるのかはちょっと気になるけど。

 

 加賀美陸
・仮に今回の話のように息子を信頼してガタックを託したのだとした場合、赤い靴が説明できない。なんか「実はいいやつだった」風になってたけど、あんまりしっくりはこなかった。

 


設定

・「俺にベルトを託したのはネイティブだった」
ん? つまり、1話でベルトを持ちながら「ついに完成した」って言ってたのはミスリードで、肝心な変身能力はすべてゼクター依存ってこと? だからベルトだけは7年前に既にできてて、あとはゼクターの完成を待つのみだったと……? スッキリとはしないけど、筋は通ってるな。
・フリーズ>ハイパークロックアップってのは納得行かない。時間を逆流せしむる力と止めるだけの力、どう考えてもハイパークロックアップの方が強いでしょ。優劣とかじゃなくて全く別ベクトルの能力だとするなら分かるけど。

 


根本的な問題としてアンチミミック弾なんて必要ないっていうか、サーモグラフィーっぽいワーム判定スコープを使えば万事解決なんだけど。なんであんなもの序盤で出しちゃったんだろうね。ゼクトルーパーが当然のようにワームを殺したのも天道のゼクター集めを無意味化しかねないものだし、世間の評価通り、こういうところ脇が甘いようには、確かに見える。