やんまの目安箱

やんまの目安箱

毎日19:00更新予定。ドラマ(特撮)、アニメ等の話を中心に色んなことをだらだらと、独り言程度の気持ちで書きます。自分のための備忘録的なものなのですが、読みたい方はどうぞ、というスタンス。執筆時に世に出ている様々な情報(つまり僕が知り得るもの)は特に断りなしに書くので、すべてのものに対してネタバレ注意。

仮面ライダークウガ EPISODE3,4「東京/疾走」 感想

キャラクター

 五代雄介
・「まだ色々あると思うんだ。長野で」
サブタイトルが"東京"だし、何故か会話の中で強調されてるし、何か意味があると思うんだけど……分かんない。重要なのは長野という"舞台"であると五代も一条も思ってるみたいだけど、東京で人の悲鳴を聞いた五代は助けに行った。その結果として、クウガは警察に攻撃されそうになった。
重要なのは心持ちであって、それ次第で東京でも"色々"は起こり得るよってことなんだろか。もちろんグロンギ側のそれも含めて。

・監察医務院に行くって話はどこいったんだっけ?
・「大丈夫ですか!? 良かったぁ。じゃあちょっと借ります」
笑っちゃったよ。なんだよ"じゃあ"って(笑) っていうか、普通に駄目だよね。これもクウガと同じで、番組内特殊暴力ってやつだろうか。
と思ってたらちゃんと咎められてた。
・「してますよ。だからこそ、自分が大切だと思うものを守りたいんです。一条さんだってそうでしょ?」
自分の心が傷付くから、ってことだよね。やっぱり結局、エゴなんだよな。
・ところで、五代が死んだり怪我したりしたら、桜子さんや、まぁ一条さんは悲しむと思うんだけど、それについては何とも思わないのかな。それはなんかちょっと、違うんじゃない? ある意味グロンギじゃなくて無茶した自分が悲しませてるのに、それを気にしないってのは。それとも、そうならないように気をつけながら戦ってるつもりなのかな。

 

 一条薫
・五代の正体を隠す理由、明言して欲しかったな。隠したことによってクウガが警察に狙われるっていう結構まずい事態になってる訳だから、そこの一条の正当性はきっちりしといてもらえると見やすい。
・携帯電話……切っといて……。
・「五代雄介、私と一緒に来い」
この二人は似てる……というか、目的が一緒なんだよね。だからなんだかんだで最後には分かり合えるんだろうなっていう安心感があるから、いい。

 

 グロンギ
・言語や通貨などと言った、人間の文化を学ぼうとしている様子がリアルで不気味。
・バラの人の命令で東京に集まっている? リントって言ってたけど、たくさんいるから的なことを言ってたのかな。
・人の姿になれるのは、そういう(人に近い)種族だからってことでいいのかな。
・もしかして、目を撃たれたから目を潰そうとしてた……? 理解できちゃった。

 

 

こう言うと身も蓋もないけど……トライチェイサーで戦う必要あった? メビオは足が速いからバイクでって話だったのに、のろのろとバイクスタントを始めたもんだからびっくりした。最終的にはやっぱり格闘戦になったし、キックで決めちゃうし。狭い建物に追い込んだ時点で、降りて戦えばすぐに勝てたんじゃないかなぁ。少なくとも、あの場面に疾走感は微塵もなかった。
ただ、トライチェイサーが速かったおかげで杉田さんを助けられて、警察側との信頼も多少できたっていう描き方は良かったと思う。

 

次話

仮面ライダークウガ EPISODE5,6「距離/青龍」 感想 - やんまの目安箱