やんまの目安箱

やんまの目安箱

毎日19:00更新予定。ドラマ(特撮)、アニメ等の話を中心に色んなことをだらだらと、独り言程度の気持ちで書きます。自分のための備忘録的なものなのですが、読みたい方はどうぞ、というスタンス。執筆時に世に出ている様々な情報(つまり僕が知り得るもの)は特に断りなしに書くので、すべてのものに対してネタバレ注意。

仮面ライダークウガ EPISODE1「復活」 感想

クウガの各話感想です。ここ数年の作品が自分的にあまり見れたものじゃないので、まだ昔に一度見たきりの、平成初期の作品を見たくなったんですよね。遅かれ早かれ、最終的にはこのブログに平成ライダー全作品の感想がある状態にしたいなぁと思っているし。全話につき1記事書くかはまだ未定。2,3話分まとめるかもしれないし、もしかすると飛ばす話も出てくるかも。

 


キャラクター

 五代雄介
・「いきなりだけど俺さ、つらいとき笑顔でいられる男って、かっこいいなぁと思ってる。8歳のときにネパールって国のアンナプルナって山で遭難しかけたことがあるんだ。死ぬかもしれなくて、怖くて泣きたくなった。けど、その時一緒にいた現地の案内人の子供が、俺と同じくらいの年なのに大丈夫だよって笑顔なんだよね。なんかかっこいいなぁと思った」
これ、すごいなと。大人が子供に語りかけるとき、大抵どこかに上から物を言うようなニュアンスが入るんだけど、当人が子供の頃の話をすれば、同じ目線に立てるんだ。ついこの間、高寺成紀さんの話を読んだんだけど、子供に対する向き合い方がすごく真摯なんだよね。というか、たぶん何事にもそうなんだろうけど。カメラ目線で語りかけてくる演出も良い。
・桜子さんの大学に寄って、その後すぐ九郎ヶ岳遺跡に行くつもりだったらしいんだけど、なんで? 個人的な興味、かな。
・「やられる……このままじゃ、死ぬ……!」
正当防衛的な変身だったね。予告を見る感じ、確固たる意思を持って変身すると赤くなるのかな?

 

 グロンギ
・ン・ダグバ・ゼバ? がベルトを叩きつけたらしいけど、なんでだろう。壊せないのか、使える人間がいないと思ったのか。
・あのクモは、確かズ・グムン・バだよね。最近の作品じゃあんまり多くない、明確に人を襲っている描写があって、久しぶりにちょっと怖いなって思った。パトカーから降りるとき、まず手からつくっていうのが気持ち悪くて良かった。どう見ても同じ人型なのに、根本的なところで何かが違うんだなって。
・あと、高いところで戦ってたのも怖さに繋がってた。吊橋効果じゃないけどさ、そういうヒヤヒヤが怪人に対する恐怖と連動してた。あれうまいね。

 


正直に言うと、前に一度見た時の印象だとそんなに好きって訳じゃないんだよね、クウガ。高寺さん自身も言われたらしいけど、地味っていうか。その時の僕はまだエグゼイドを経験していなかったから、それこそ適当にというか、表面しか見てなかったんだよね。今なら楽しめるかなって、期待してる。

 

次話

仮面ライダークウガ EPISODE2「変身」 感想 - やんまの目安箱