やんまの目安箱

やんまの目安箱

毎日19:00更新予定。ドラマ(特撮)、アニメ等の話を中心に色んなことをだらだらと、独り言程度の気持ちで書きます。自分のための備忘録的なものなのですが、読みたい方はどうぞ、というスタンス。執筆時に世に出ている様々な情報(つまり僕が知り得るもの)は特に断りなしに書くので、すべてのものに対してネタバレ注意。

劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4 感想

すごく濃い訳でもないので、感想は軽めで。
結構面白かった……と思う。他の方の感想をいくつか読んでみたけれど同じようなことが書いてないので、もしかすると見当違いな見方をしているかもしれない。
当たり前だから言葉にしないだけでいつもそうなんだけど、今回は特に"この人にはこう見えたんだな"というスタンスで読んで欲しい。自信がないので。

 


基本的には単なるサイドストーリーで、見なくても問題はないタイプの話……なんだけど、見た方が楽しいだろうなとは思う。
まず細かいところから書いていこうかな。
笑いどころは意外に少なかった。真魚ちゃんが居候の身で紗綾香に「遠慮しないでうちに泊まりなよ」とか言い出すところと、あとは金剛寺の件ぐらいだろうか。

 

あ、アントロードの殺害方法(水のないところで溺死)は映像的な意味で狐につままれたようになって面白かった。同じようなことをやってたオクトパスロードはかなり力技だったから、余計に。うじゃうじゃいるのはまさにアリって感じだし。

 

翔一くんもだけど、涼もかなり影薄かったね。でも涼はレイとの絡みが28話を想起させるからそこで補完すれば楽しめた。……というか、まだ副作用がある状態の葦原を変身させるには、28話で示された子供への甘さを使うのが一番良かったのかな(それとも逆?)。

 

警視総監役で本郷猛をやっていた藤岡弘、さんが出ていたけど、かっこよかった。
「今の俺にできないことを君たちがやってくれ。いいな?」
僕は昭和作品を見ていないので彼が本郷猛に見えるか否かみたいなことは考えなかった(というか1号の映画で現役だったし)けど、この人が喋るだけでなんだか重みを感じてしまう。オーラというか、凄みがあるよね。

 


本筋に関しては、ブレスレットの扱いを除けば良かった。
生への執着を捨てて強さを求める水城に対して氷川誠が立ち向かうというかたちだけれど、このまとめ方がうまいんだ。
G4の危険性についての描写が足りなかったけれど、そこは本編で散々描かれたG3-Xの危険性を超えると考えれば問題はない。

 

「僕の知り合いに、無条件に人生は素晴らしいと言う者がいます。僕は彼のようにはなれないし、あなたのようにもなれない。中途半端です。でも、これだけは言えます。僕は生きるために戦う、生きることを素晴らしいと思いたい」
そういえば、本編ではこういう氷川さんの"意見"みたいなのってあんまり描かれることはなかったよね。そこの補完としての今作なのか。

 

すべてを繋げてまとめる役割を担っているのは、作中で度々移される「青い鳥」。言わずと知れた"幸せ"の象徴だ(厳密には少し違うらしいけど)。
アギトで幸せと言えば、3話における翔一くんの「自分のいるべき場所があるっていいなって。俺だけじゃなくて、おじさんにも真魚ちゃんにも太一にもあるだろ、自分の場所がさ。そういうのって誰にでもあるんだよきっと。で、みんな自分の場所にいる時が一番"幸せ"なんだと思う。だから……そういうみんなの場所、俺が守れたらいいなって」というセリフを介して、作品のテーマである"居場所"へと繋がる。

 

そして、この映画の実質的な主人公である氷川誠=G3-Xが青いのも偶然ではなかろう。また青いと言うなら、G4の目も青いのだ。
この目は、彼が自分の信念を貫いたまま死ねたことを幸せに思っていることの意味に見えたのだが、あんまり、自信はない。
一口に居場所と言っても、"死に場所"に意味を求めることもできる。深海が人の居場所を踏みにじった末に無残に殺されのと比べれば、彼はまだ幸せだったのかもしれないと感じたのだ。でも、青い鳥とは"逆回転"だったのが引っかかるんだよなぁ……。

 

その後の、息絶えた水城の体を動かそうとするG4システムに対する「もういい……もういいだろ!」は理屈抜きにグッときた。いやぁ……良かったね……。

 

ところで、4って数字からクウガを連想したんだけど、気のせいかな。そのまんま五代というよりは、負の側面だけ抽出しましたみたいな。"目を除いて黒い"し。
死を顧みずに強さを求めるところなんか、自分から電気ショック受けますとか言ってた五代くんを思い出した。映画では終始悪者として描かれてるけど、自衛隊員ってことは深海も含めて一応国民を守るためにやってることなんだと思うのよ。その結果として自分たちや、周りの人……この映画で言えば超能力者、クウガで言えば特に冴くんとかを犠牲にしてしまう。全体感想に書いたけど、「高すぎる理想を周りの人にも押し付けてる」んだよね。クウガの世界は基本的に(グロンギの存在以外は)綺麗事で回る優しい世界だったから体裁は保てていたけれど、一歩間違えればこうなっていたんじゃないかなって僕は思う。
出典が謎だけど、pixiv百科事典にも「仮面ライダーを超えようとする男」っていうそのまんまなフレーズ(俺が超えてやる〜)も書いてあったし、もしこれが公式ならやっぱり意識してそうだなって。

 


最後に真魚ちゃんが闇の力に負ける翔一を予知したのは、あんまり深く考えてないけど多分本編の翔一くんたちが未来を変えたってことにしてカタルシスを強めるためのものなのかな? エクシードギルスが出てきたりと色んなところで無理がある作品なので、まぁ、いいだろう。


まとまると、楽しめました!

 

各話感想

仮面ライダーアギト 1,2話「戦士の覚醒/青の嵐」 感想 - やんまの目安箱

まとめ感想

クウガへのカウンター『仮面ライダーアギト』 本編感想 - やんまの目安箱