やんまの目安箱

やんまの目安箱

毎日19:00更新予定。ドラマ(特撮)、アニメ等の話を中心に色んなことをだらだらと、独り言程度の気持ちで書きます。自分のための備忘録的なものなのですが、読みたい方はどうぞ、というスタンス。執筆時に世に出ている様々な情報(つまり僕が知り得るもの)は特に断りなしに書くので、すべてのものに対してネタバレ注意。

仮面ライダーエグゼイド 4話「オペレーションの名はDash!」 感想

86ma.hatenablog.com


仮面ライダーレーザー・ゲンム レベル3登場回。
真意の見えない5人目の適合者、九条貴利矢。彼の登場もあってか明らかにキャラクターを扱い切れておらず、グダグダな展開に……。

 

 

キャラクター

 宝生永夢
・バグスターを放置して患者の介抱。ポッピーピポパポでは頼りないのは分かるが、あくまで優先すべきはバグスターでは? ストレスによるバグスターの強化もないし。ガン患者を前にして、ガンそっちのけで日々の悩みを聞くようなもの、と言えばこの違和感が伝わるだろうか。
・しかもその介抱ですら大分遅い。
レーザーによってバグスターと患者が分離される

ブレイブ乱入

その隙をついてレーザーがマイティアクションXを奪取、永夢に投げる

ガシャットを受け取る

レーザーレベルアップ

永夢、バイク形状に驚き、ポッピーの説明を受ける

介抱
という流れ。
・「レースゲームだから西脇の妹はゴールにいる」
モータスが攫ったならば分からんでもないが、実際はグラファイトの仕業である。なんの対処もせずバグスターを逃がす根拠としては、かなり弱いのでは?

 

 鏡飛彩
・黎斗に直接全種のガシャットを要求。正しいが、協力者という立場上できるならやってるはずだとも考えず、かつ図々しくもポケットに手を突っ込みながら頼む辺りは流石の嫌な奴。敬語こそ使っているが、そういうところ隠せていない。
・大我と貴利矢の勝負をしばらく見守っていたかと思いきや、勝負が付かないうちに突然乱入して「お前の相手は俺だ」とスナイプを攻撃。患者は当然のように放置。意味が分からない。
・しかも2人まとめて自転車乗りにあっさり負ける。かっこ悪い。

 

 花家大我
・「5人目の適合者がいたとはな。面白くなりそうだ」
適合者が多いと面白いらしいです。「ライダーは俺一人で十分だ〜」なんて口が裂けても絶対に言わなそうなキャラクターですね、今後が楽しみです。

 

 九条貴利矢
・貴利矢は既にガシャット持ってたのに、なんで今ごろ参加? 「そろそろ乗り頃かな」とか思わせ振りなこと言っていたが、特にそれらしい理由は見付からない。
・アイテムを使用。エグゼイド世界の基準だと、これだけでも「ある程度ゲームに精通している」ことになるはずだが……?
・ネタバラシが早い。騙したと言わなければもっと色々使えただろうに、良心の呵責の現れだろうか……? というか、普通に「ゲーム病を研究するためにバグスターの検体も欲しかったんだ」って言えば済んだよね。何考えてるの。

 

 ポッピーピポパポ
・貴利矢/レーザーのこともどうやら知っていながら黙っていたようだ。仕事を任せるならまず知っていることを全部説明するなり紙にまとめて読ませるなりしろよ。仮にも永夢や飛彩、灰馬の上司だろう。
・結果的にだが、また患者にストレスを与える発言をした。
ポ「(莉子が)どこに連れて行かれたか分かりますか?」
西「それが分からないから! ……うっ」
特に謝罪はなし。

 

 檀黎斗
・大我が永夢のガシャットを奪ったことについて謝罪している。エグゼイドのデータが取れなくなるのは自分にとっても不都合だからか?
・ゼロデイの秘密を守る交換条件として、貴利矢にゲーマドライバーとガシャットを渡したらしい。殺しておけば良かったのでは。
・飛彩と大我の特に意味のない争いをわざわざ止めた。これ以上大我がガシャットを奪う(仮面ライダーが減る)のを防ぐため? でもそれなら、大我と貴利矢の諍いにも首を突っ込んでこないとおかしい。
・レベル3の使用についても、何故今なのか理由なし。

 

 グラファイト
・モータスも生まれる前から莉子を誘拐。意味不明。

 

 

設定

・莉子がゴールに配置された件、「爆走バイクのゲームエリアを展開すれば、"そういうゲーム設定だから"欲しいものが景品として現れる(対戦相手のモータスも転送される)」ということだと解釈すれば、10話の「この俺をゲームエリアに転送したか」にもそれなりの説得力が生まれる。
だが、エリア展開をした貴利矢が欲しかったものはバグスターの検体のはずであるので、微妙なところ。


良かった点
・貴利矢のセレクトかっこいい。
・レーザー レベル1かわいい。
・レース形式のバイクアクションは新鮮だった。
・シャカリキの車輪攻撃かっこいい。


まとめ
飛彩と大我は着実にクズとしての描写を蓄積させ、永夢も一見正しいことをしているようで相変わらずどこかズレている。
新キャラである貴利矢は、一応西脇の治療には肩入れしたものの真意は謎。最後の言葉を信じるなら、やはりそれなりにクズ。
何故ここまで徹底して嫌われるような描き方をするのか理解に苦しむ。

 

次話

仮面ライダーエグゼイド 5話「全員集結、激突Crash!」 感想 - やんまの目安箱